2019.12.4終末のハーレム
「終末のハーレム」53話の見どころを紹介!
異国の地、ついに絵理沙との対面へ!

クロエ・マンスフィールドによるアメリカ移送の計画から無事逃れた怜人たちは、
イザナミの協力も得て台湾へと脱出する……
落ち合うことになった絵理沙との、怜人が目覚めてから初の対面となるのか?
一方、日本ではクロエと花蓮、それぞれがすでに次の思惑へ……

53話の続きはこちらからご覧ください!
(※ジャンププラスでのログインおよびポイントが必要となります。ご注意ください)
怜人を取り逃がした補佐官には、クロエがしっかりと“しつけ”を与えていた!
逃走を手助けした結果、拘束された周防と片桐。片桐に対しては“提案”があるとのことだが……?
   
   
花蓮によって翔太が通されたのは、マジックミラーが設置された監視部屋だった。その窓の向こうには“ある女性たち”が……!
   
絵理沙と会うため、台湾へとやってきた怜人たち。怜人は九份市街でのお祭りの様子を見て、かつての絵理沙と過ごした日々を思い出していた
そしてついに絵理沙との再会のときを迎える。その姿は、怜人の中の記憶にあるまま、過去と変わらぬ絵理沙のままなのか——