2020.1.3終末のハーレム
「終末のハーレム」74話の見どころを紹介!
絵理沙の抱えてきた想いと、現実……!

怜人のコールドスリープ後、MKウイルスの研究に就いていた絵理沙。
そこへ接触したUW日本支部から語られたのは、怜人を含む5人の男性が対ウイルスの切り札となること、そしてウイルスの出処に関する疑惑だった。
この事実を聞き、協力を申し出た絵理沙だったが、そこで自分が子供を産めない身体であることが判明してしまう。
絵理沙からこの告白をされた怜人は……?

74話はこちらからご覧ください!
   
研究所でMKウイルスの研究を続けていた絵理沙の元に現れたのは、UWからの使者だった。
   
連れられた先で待っていたのはUW日本支部長の鬼原と、そしてコールドスリープ中の怜人だった……。
MKウイルスに対抗すべく、怜人との「子作り」という形での協力を求められ、それに応じる絵理沙だが……。
絵理沙が皆に隠していた秘密……それは、病気で子供を産めない身体ということだった。
   
絵理沙が隠していた事実を知った上ですべてを受け入れた怜人。「メイティング」ではない、5年越しの思いがついに……!!