TVアニメ化決定
&第1部クライマックス!
「終末のハーレム」特別インタビュー

2020.05.12

SPECIAL
INTERVIEW
特別インタビュー

性というテーマは普遍的です。
35億人の男性に届いてほしい
「終末のハーレム」もいよいよ佳境に入り、82話に「第1部クライマックス!」と書かれていました。「第1部」ということは!?
LINK先生(以下、LINK):今のストーリーがいったん終了を迎えます。ただし第1部ということは、もちろん第2部も予定しております!

宵野コタロー先生(以下、宵野):第2部が検討されていたのっていつ頃でしたっけ?

LINK:もう1年以上前だった気がしますね。

宵野:もちろん連載開始の時点で第2部は想定してなかったので、どうしようかなーって途中ふわふわした気持ちで作画していました(笑)
第1部は終わりますけど、次に繋がる終わりですから、自分の中では中盤くらいの気持ちです。

LINK:我々としては、例えば海外ドラマのようにシーズン1が終わって、シーズン2が始まるような捉え方です。なので第2部が「終末のハーレム ファンタジア」のようにガラっと世界観が変わる事はなく、この世界の続きをちゃんと描いていきます。

クライマックスが近づいているだけあって、ついに水原怜人が周防美来とメイティングするんでしょうか?

LINK:次回の更新にご期待ください!

宵野:最近は美来がだんだん自分を出してきて、泣き顔が増えてきました。感情を爆発させている美来や橘絵理沙の顔を描く時の作画は燃えますねー。

担当編集:LINK先生、すぐ泣かせるんで(笑)

LINK:物語の展開上クライマックスですし(笑)

担当編集:美来は途中で出番が減っちゃいましたので、気になっていた読者さんも多かったはず。

LINK:登場人物の多い作品なので、どうしても一人一人にスポットを当てる時間が足りなくて……けど美来は大事なメインヒロインなので、最近の活躍は嬉しいですね。


この世界の女性は50億人。
「素敵な女性は、これからもたくさん登場します」
タイトルに「ハーレム」と名付いているだけに、数多くのヒロインが登場します。個人的な好みのタイプの女性はいらっしゃいますか?
LINK:クロエや花蓮みたいな曲者キャラが好みなのは変わらず、怜人が世界に舞台を広げたことで、後半に登場した冰冰(ビンビン)やアナスタシアも好きですね。東堂晶も当然好きで……ちょっと多くてすいません(笑)

宵野:アナ姫より冰冰の方が奥手なイメージなんですよね、私の中では。

LINK:そうですね。性に関しては東洋の真面目さというか。

妹、お嬢様、ロリ、女教師から、国籍も中国、アメリカ、インド、ヨーロッパの王女まで……女性を出し尽くした感じはしませんか?
LINK:この世界はですね、女性が50億人いるんですよ。まだ多分50人くらいしか登場してませんから、素敵な女性キャラはこれからもたくさん出せます! 外見や国籍だけじゃなく、まだまだ現れていない魅力的な内面を持った女性は一杯いますから。


宵野:クロエの補佐官のポープがいるじゃないですか、50話で美来を人質にした人。ポープを最初描いた時に、「もっと可愛く!」みたいなダメ出しが(笑)
なので作画も負けないように、ちょっとタッチを変えてみたり、瞳の描き方を変えたり。試行錯誤しながら色々と挑戦しています。

LINK:最初から素晴らしい絵だったと思いますけど、さらに進化してるんですよね。

宵野:進化してます? 1巻の絵は、ちょっと直視したくないんですよ、もう(笑) 

我々からすれば完璧なのに、本人はさらに高みを目指していると。
LINK:剣豪の「剣の道に終わりはない……」みたいな(笑)

宵野:絵を描くことは、もうずっと修行ですよ。同じキャラを描き続けていると、「この顔、前も描いたじゃん」って、連載だからこそ気になる点が出てくるんです。
それに会話だけのシーンは単調にならないようにアングルに気を遣ったり。カメラワークに関しては自分の今の課題なので、迫力のある絵を描けるように精進しています。

担当編集:ネームの段階で「こうしたらどうでしょう?」って宵野先生からご提案をいただけることもあります。僕とLINK先生が見落としがちなところを、宵野先生がポンと入れてくれるんです。


男女比が偏りすぎた世界を描くにあたって
「いい意味での違和感」を大事にしてきた
担当編集さんからみた「終末のハーレム」の第一印象はどんな感想だったんでしょうか?
担当編集:私は最近新しく担当についたのですが、当時はまだ学生として、普通に読者として読んでいました。やっぱり第1話の、あの見開きですよね。「なんだこれ!?」って。もちろん、いい意味ですよ!(笑)


LINK:セクシー系やお色気を売りにした漫画は世の中にたくさんあります。新連載は、その中で目立たないといけません。他のセクシー系漫画と一線を画す作品であることを、最初から読者に提示したかった。そのための見開きカラーだったんです。

当時はSNSでも話題になりました。
担当編集:今は担当編集としてLINK先生と打ち合わせする立場になりました。その中で「いい意味での違和感」ってワードがよく出てくるんです。当時は一人の読者として第1話の見開きカラーで、それを身をもって体感したという(笑)

LINK:「いい意味での違和感」は作品を通してずっと大事にしてきました。男女比が偏りすぎたハーレムという異常な世界なので、あのカラーページはある種、それを象徴するシーンとして示せたと思います。


SFと学園物、全然テイストの違う話が
同じ世界観で楽しめる事が長所
序盤の近未来SFから、いったん土井翔太の学園物へ雰囲気がガラッと変わりました。SFと学園ラブコメを描き分けることは大変だったのでは?
LINK:いえ、それはないですね。SFの本筋と学園物、全然テイストの違う話が同じ世界観で楽しめることが、むしろ「終末のハーレム」の長所かなって自分では思っています。

宵野:学園の描写は大きなお友達向け雑誌でたくさん描いていたので、やりやすかったです(笑)

LINK:まだ5人目は登場していませんが、この作品はそれぞれ5人の男性が、それぞれ違った世界との向き合い方をしているんです。
火野恭司と翔太は、スタンスの違いがあれど「男だったら、こういうことするよね」っていう。一番普通に今の状況と向き合っています。

LINK:怜人が一番、世界との向き合い方が異常と言えるのかもしれません。女性といちゃいちゃエッチなことをする事が奨励されている世界なのに、その欲望を抑制しているわけですから。

確かに、自分だったら恭司や翔太みたいにハーレムを満喫しちゃいます。
LINK:恭司は女好きで、明るくて、女性に求められるがまま致してヤッホー!っていう、一般的な男性代表です。翔太の場合は、シチュエーションの嬉しさですよね。元々虐げられてた男が、皆さんが経験している学校という場所で、女子たちにチヤホヤされる。そこにも男子たちの夢や願望があるんじゃないかなって。

宵野:いじめられていた子が段々と喜びに目覚めて、成長してからは女の子が寄って来てくれる。そんな状況って、私が大好きなシチュエーションなんです。翔太たちの関係が変化していくのは描いていて楽しいですね。



魂がこもっていてこそ、フェチは伝わる
恭司たちがモテている中、4人目の木根渕善。彼だけは捕まってドMにされたり、別人格に豹変したりと不憫なんですが……。
LINK:大丈夫です! ちゃんとこの後、善も物語に絡んできますので乞うご期待です!
UW日本支部は一応、怜人や恭司たちの人権を大事にしてる組織なんですよ。つまり我々が生きている社会の延長線上にある文明なんですけど、こんな世界になったら、人権なんか一切無視して「子作りしまくれ!」って命令してくる状況もあるだろうなって。それがイザナミ編、善のパートになっています。

アダルトの性癖で、○○管理ってジャンルがあるんですけど……。
LINK:まさにそれをやりたかったんですよ。イザナミによって管理されている善の状況がお好きな人に、ぜひ届いて欲しいフェチズムです。

宵野:私も聖心祓穢(せいしんばつわい)、好きなんですけど。

(一同笑い)


LINK:関係者は結構好きって言ってくれるんですよ、あのシーン(笑)。

宵野:目覚めたばかりの善は、状況が掴めずにオロオロしてばかり。けど何か快感があるって部分を徐々に広げていく流れで、ああいうシーンはもう1度描きたいですね。

取引先の嫌な上司の奥さんが迫ってくるのもグッときました。
宵野:しかも母娘でね!(笑)


LINK:あのお母さん(安保ころん)、第2回人気投票で2位で、読者人気の高いヒロインとして受け入れていただけました。私としては、このまますべての性癖を網羅したいんですよ。前の担当編集と「そろそろ金粉まみれの女性を出しますか?」って話もしていたくらいですし(笑)

担当編集:もういよいよネタが尽きてきたら、金粉もやるしかない。

宵野:でも金粉ってカラーじゃないと伝わらないじゃないですか、モノクロだとどうしよう……(笑)

LINK:もちろん冗談ですけど、そういう話が出るくらい、制作者として全性癖を網羅したい願望があります。
ただ、やっぱり作り手側がシンパシーを感じる性癖じゃないと、読者に刺さらないんですよね。本当は私が金粉大好きだったらよかったんですけど、ギャグとして好きなだけなので……。

そこで本気のフェチの方に「エロい」と思わせたら勝ちみたいな。
LINK:はい、最低でも関係者の誰かの性癖が入ってこそ、「こういうのがいいんだよ!」って受け入れてもらえる。魂がこもっているからこそ、フェチズムって伝わると思うんです。これからも工夫しながら、皆さんに刺さる性癖を描いていきたいです。

11巻まで描いても、まだ全然足りないと。
LINK:足りませんね(笑)。食欲も性欲も一時的には満足しますが、生きていくからにはずっと続く欲求なので。時間が経てばまた欲しくなりますし、世の中から性欲がなくなることはないと思います。やれることはまだまだ多いですね。

宵野先生の魂が乗っている、印象的なシーンはありますか?
宵野:アナスタシアが自分の体にワインを垂らすシーン! 美しいけどちょっとエロくて、でもエロさだけじゃない部分がグッときます。アナ姫というキャラクターとも合っていた、お気に入りのシチュエーションです。


宵野:後半はアナ姫と冰冰が登場してから、女性同士でわちゃわちゃするシーンが増えました。合コンでポッキーゲームをしたり(笑)。
2人とも可愛らしさが出せるし、セクシーなシーンもあるし、キャラの幅がとても広がりました。


TVアニメ、鋭意制作中!
「地上波の限界を目指してくれることに期待」
11巻の帯で重大発表が告知されています。TVアニメ化、おめでとうございます!
担当編集:2021年の放送予定を目指して鋭意制作中です!

宵野:もう本当に嬉しいの一言なんですけど……アニメ化のお話は、本決まりしてからも半信半疑で「ほんまにやるんか?」みたいな気持ちが拭えず(笑)

LINK:同じく(笑)。それに、こんなにエッチな漫画を本当に地上波で放映できるんですか?って、いまだに私も少し心配しています。でも監督やメインスタッフの皆さんが、原作のコミックを読み込んでくださっていて安心しました。

宵野:監督さんが「この漫画をアニメ化するにはこうした方がいい」って真剣に考えてくださっていて、すごくスタッフに恵まれているのを既に感じています。

LINK:宵野先生の素晴らしく可愛い女性たちが動いて、声がついて、命が吹き込まれるのを早く見たいですねー。

宵野:以前にVOMIC(*)で声をつけていただいた時にすごくドキドキしたんです。さらにアニメだと絵が動きますし、地上波の限界を目指してくれることに期待しています(笑)

(*)集英社の漫画を動画で配信するサービス「VOMIC」(ヴォミック)。声優のVOICEと漫画のCOMICを合わせた「VOICECOMIC」の略称。


「マンガMee」にて第3のシリーズ
「終末のハーレム ブリタニアリュミエール」が始動!
最新刊の11巻が発売されました。担当編集から見たポイントは?


担当編集:本当に第1話の時点から続いていた怜人と絵理沙の恋が、いよいよクライマックスを迎えます。2人のラブストーリーがひとつ、ここで結ばれますので見届けてほしいですね。

描き下ろしは今回もあるんでしょうか?
LINK:もちろんです。11巻の描き下ろしは翔太と保健室の先生の秘め事が、本編のシリアスな雰囲気とは切り離された明るい感じで収録されています。
翔太は同世代との学園ハーレムが続いてきたんですけど、年上美人の包容力がガッツリ感じられる描き下ろしになっています!

さらに11巻の帯に、気になる情報が書かれているんですが……!
LINK:約2年前にSAVAN先生の作画で始まった「終末のハーレム ファンタジア」、こちらが第2のハーレムシリーズとしてウルトラジャンプで連載中です。それに続く第3の「終末のハーレム」が、6月から「マンガMee」という女性向けの漫画アプリでスタートすることになりました。

女性向けのハーレムもの、ということでしょうか?
LINK:そうです。この「終末のハーレム」は他のジャンルにも色々応用していけると思っているんです。例えば時代劇とか、OLものとか、サバイバルものとか。
「終末のハーレム」というタイトルを、よりたくさんの人に知ってもらい、楽しんでもらうための新しい挑戦として「終末のハーレム ブリタニアリュミエール」をスタートさせます。「マンガMee」と並行してジャンププラスでも配信されますので、始まりましたら応援よろしくお願いします!



性というテーマは普遍的。35億人の男性に届いてほしい
アニメ化やファンタジー世界、女性向けなど「終末のハーレム」ワールドがますます広がります。
LINK:アニメによって、さらに多くの方に興味を持ってほしい。だからニチアサ(日曜日の早朝)で放送してもらってもいいかなと思うんですけどね(笑)

宵野:えーっ!(笑)

LINK:女性の読者もいらっしゃると思うんですけど、僕はこの作品の潜在的な読者は、35億人いると思っています。

宵野:ブルゾンちえみの「35億、全男性がターゲット」みたいなノリ(笑)。

LINK:だから1冊あたり35億部は売れてほしいんですよね(笑)。性というテーマはそれぐらい普遍性があると思っていて。

担当編集:性ってそうですよね、本当に。

LINK:エロって良くないものとして扱われる事が多いんですけど、人間が生きていく上で欠かせない、すごく大事なことでもあります。作品を通じて、読者の皆さんにもそう感じてもらえたら嬉しいですね。
今はこういうご時世なので、家でマンガを読むのもいいと思います。ぜひ「終末のハーレム」をよろしくお願いします! 「ウイルスに負けないぞ」ってことを、大事なメッセージとして描いていきたいです。

インタビューもこの状況下、リモート会議で実施しています。宵野先生からも意気込みをお願いします。
宵野:あっという間の4年間、連載してきました。でもここからアニメ化も決定して、第2部に向けて、さらに怜人たちの活躍が広がっていきます。今年はもちろん、来年以降も読者の皆さんに様々な展開を楽しんでもらえたら嬉しいなって思います。

本日はありがとうございました!
(取材・構成)かーずSP
※iOSアプリでは、2017年4月より「終末のハーレム」の配信停止中

怜人と絵理沙。「終末」の恋の行方は――
コミックス最新11巻 5/13(水)発売!

終末のハーレム11巻

ワクチン開発実験のため、
一夜を共にする相手を選ぼうと
女性たちと一人ずつ向き合う怜人。
最後の一人は、怜人を避け続けていた絵理沙だった。
明らかになる絵理沙の過去、そして重大な秘密とは…!?
さらに、翔太と保健の先生の
特別描き下ろしメイティングシーンも収録!!

購入 ▶

完全新作!
第3の終末のハーレム開幕!!
『終末のハーレム 
ブリタニアリュミエール』

2020年6月26日(金)より「マンガMee」&「少年ジャンプ+」にて連載開始!

唯一の女神を求め、男たちは戦いの舞台に立つ

「ハーレム」×本格ダークファンタジー
終末のハーレム ファンタジア

「ウルトラジャンプ」&
「少年ジャンプ+」にて連載中!

コミック1〜4巻好評発売中!